メッシュWi-Fiとは?簡単に快適なインターネット環境を手に入れる方法

自宅のWi-Fiが繋がりにくくて不便に感じることはありませんか?

動画の視聴やSNSの読み込みが遅かったりするとストレスが溜まります。

部屋によっても接続が切れやすかったりすることってありますよね。

この記事で紹介するメッシュWi-Fiを利用すれば、自宅のWi-Fiに関する悩み事が解決するかもしれません。

ぜひ最後まで読んでいただければと思います。

この記事で分かること
  • メッシュWi-Fiとはなにか
  • メッシュWi-Fiのメリット
  • メリットWi-Fiを利用する方法
目次

メッシュWi-Fiとはなに?

自宅でインターネットを使う時、パソコンやスマホをWi-Fiに接続する

Wi-Fiの電波はモデムに接続したルーターから送信される

このとき端末とルーターの間に壁などの障害物があったり、設置箇所から離れた部屋では、電波が弱くなってしまうことがある

部屋によってはWi-Fiに接続したのにいまいち読み込みが遅く、仕方なくルーターの置いてあるリビングに移動した…という経験をしたことがある人は少なくないはず

また、最近はWi-Fiに接続する機器も増えてた

パソコンやスマホはもちろん、タブレット、ゲーム機、テレビ、プリンター、スマートスピーカーなど、さまざまな物がインターネットに繋がる時代です。

同じルーターに多くの機器を接続して同時に使うと、帯域が不足して速度低下が起きてしまう。

繋ぐ端末の数に対して、1つのルーターでは対応しきれなくなっている。

だからといって、各部屋にインターネット回線を引いてモデムとルーターを追加するのは、コスト面でも現実的ではない。

こうした状況を解決するのが、メッシュWi-Fi

メッシュWi-Fiの仕組みとは?

サテライトルーターを複数設置して電波を張り巡らせる

メッシュWi-Fiでは、モデムに接続したメインルーター以外に、「サテライトルーター」とも呼ばれるルーターを複数設置する

例えば、一戸建ての家屋でメインルーターが1階のリビングにある場合、サテライトルーターはリビングから離れた部屋や2階に設置するとよい

セットアップも難しくない

各メーカーから発売されているメッシュWi-Fiのセットを購入すれば、メインルーターとサテライトルーターの接続設定は自動で行われる。

設置されたメインルーターとサテライトルーターは、お互いに電波を送信し合って、大きなWi-Fiネットワークを構築する

一般的なWi-Fiで電波が弱くなる理由は、端末とルーターのあいだに障害物や距離があるから

メッシュWi-Fiではサテライトルーターがメインルーターと同じ働きをするため、サテライトルーターさえあれば、メインルーターの近くにいるのと同じ効果が得られる。

どこにいても電波が弱くなることなく、快適にインターネットを活用できる。

メッシュWi-Fiと中継器の違い

メッシュWi-Fiに似たものに「中継器」がある

こちらはメインルーターと同じ働きをするわけではなく、あくまで電波を中継して届く範囲を広げるだけ。

Wi-Fiの接続先も自動で最適なものを選ぶわけではないため、自分の部屋で中継器に接続していて、その後メインルーターの近くに移動したのに中継器に接続したままで接続が不安定…ということもある

その場合は、利用者が自分で接続先を変更する必要がある。

中継器と比べたメッシュWi-Fiのメリットとして、「混雑時の負荷を避けられる」という点もある。

中継器の場合は、たくさんの機器を接続するとメインルーターに負荷がかかって速度が低下してしまう。

一方、メッシュWi-Fiなら最も電波や通信の状態が良いサテライトルーターを自動で検出して接続するため、メインルーターに負荷が集中することはない。

結果として、安定した通信が可能。

メッシュWi-Fiのメリットとは?

メリットは何?

  1. 接続機器が増えても大丈夫
  2. 移動しても自動で切り替え
  3. 設定が簡単

どんな人におすすめ?

共同生活にもメッシュWi-Fiは効果あり!一人暮らしはあまり向かない

メッシュWi-Fiは、家族暮らしやシェアハウスのように、複数人で住んでいる場合にもおすすめです。メッシュWi-Fiの特徴のひとつは、前述したように複数台の同時接続での安定性です。メッシュWi-Fiなら多くの機器を接続しても、途切れたり読み込みが遅くなったりしにくく、ほかの人の利用状況を気にせずインターネットを楽しめます。

反対に、メッシュWi-Fiが向かないのは、ワンルームの一人暮らしのように、ルーター1台で十分カバーできる部屋に住んでいる場合です。あるいは、パソコンを利用する部屋が決まっている場合など、Wi-Fi(無線LAN)に接続する機器が少ないときも不要でしょう。

このように、向き不向きがはっきりしているメッシュWi-Fi。エレコムでは、「WMC-DLGST2-W」というメインルーターとサテライトルーターのセットを販売しています。
自分自身の生活に合わせた最適な環境で、快適にインターネットを楽しみましょう。

メッシュWi-Fiにデメリットはある?

メリットだらけに見えるメッシュWi-Fiですが、欠点もあります。それは、複数のルーターが必要になることに伴う費用や汎用性です。

ルーターの台数の分だけ費用がかかり、汎用性がやや低い

メッシュWi-Fiはそもそも高価な上にサテライトルーターを必要とするため、設置すれば設置するほど費用がかかります。また、異なるメーカーの製品を混ぜて使用することができません。サテライトルーターだけ別のメーカー製品を買っても意味がないので、導入する場合はメインルーターからすべて同じメーカーでそろえて購入する必要があります。
中継器なら、メーカーを問わず使うことができるので、安価に導入することが可能です。ただし、メッシュWi-Fiの場合も、Wi-Fi Allianceが提唱する「Wi-Fi EasyMesh」に対応した製品であれば、異なるメーカーの機器が混在しても利用できます。

メインルーター単体と比べると少し速度が落ちる

メッシュWi-Fiは、電波を各サテライトルーターに分けて送るため、わずかに速度が落ちる点もデメリットといえます。ただしそれは、メインルーターにベストな電波状況で端末を接続した場合に比べての話。複数の端末を1つのメインルーターに接続する状況と比べるなら、負荷をサテライトルーターに分散してくれるメッシュWi-Fiのほうが快適です。

また、メッシュWi-Fiは、基本的に設定などが自動で行われるため初心者に優しいのですが、逆にいえば、自分自身でネットワークを細かく設定したい人には向きません。

メッシュWi-Fiを使うには?

必要な機器

設置場所

メッシュWi-Fiの設置場所は、一戸建ての場合、メインルーターを1階のリビングに、メッシュ搭載中継器(サテライトルーター)はリビングから離れた部屋や2階に設置するといいでしょう。広めのマンションであれば、Wi-Fi(無線LAN)が弱いと感じる場所や部屋にメッシュ搭載中継器(サテライトルーター)を設置するのがおすすめです。
メッシュWi-Fiの特徴のひとつは、パソコンやスマートフォンなどのWi-Fi機器を複数台、同時接続しても安定した通信が可能なこと。複数人がWi-Fi機器を使う場所で、快適にインターネットを利用できるでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次